出来てしまったシミに効く化粧品に必要な条件



一般的な化粧品の成分は水溶性です。
天然のクリームとも言われる表皮の皮脂膜は、有害な雑菌の進入と 水分の蒸発を防いで、潤いを保つ働きがありますが、水溶性の美容成分は弾いてしまい、 角質層を通り抜けることはできません。
人間の皮膚細胞に似せた皮膜で、ナノカプセル化することで、 従来の化粧品と比較して、最大で10倍もの浸透力を実現 しています。



漂白型は、現在考えられる中で、最高の美白成分「ハイドロキノン」を配合したものが主流です。 しかし強力な漂白作用があるため、敏感肌の多い日本人女性は、肌荒れしたり、かぶれることがあります。皮膚科の外用薬は、直に刺激が伝わるので、刺激が強すぎて、治療を途中で諦める女性が多いのです。 これを極小のナノカプセルにすれば、素肌に直に触れる成分が少なくなり、刺激は4分の1まで低減。 メラニン生成工場の基底層で効力を発揮する、肌にやさしいハイドロキノンになります。



一時期、シミ予防成分として一躍注目を浴びたのはコウジ酸でしたが、癌(がん)を誘発する物質として、 化粧品への配合は禁止されました。
コウジ酸に変わり、現在最も注目されているのが、コウジ酸の22倍、αアルブチンの7366倍もの有効性が確認された、シムホワイト377です。
このシムホワイト377を配合している美白化粧品は、ビーグレンだけです。


制限の多い化粧品に必要なのは、画期的な技術力です。

最も良い成分を、徹底的に突き詰めて研究し尽くした結果がコレです!